記念切手の買取において価値は様々

記念切手の価値の決まり方をご紹介

切手を売る際に気になるのが、記念切手の価値についてだと思います。記念切手の価値というのはどのように決まるのでしょうか。記念切手はそもそも、なぜ価値がつくのでしょうか?買取時に評価してもらえるポイントというのはいろいろあるようです。いくつかまとめてみました。

まず何より、希少性が高いものほど価値があります。何らかの事情で現存数が少ないとわかっている切手や、もともとの発行枚数が少なかったものなどは希少性が高いことになりますね。
記念切手は、普通切手と比べると、発行時期や発行枚数、場合によっては発売エリアなども限定されているため、希少性が高いです。よって、コレクターの方は発売と同時に並んで買ったりしたこともあるでしょうし、現在でも額面以上の価値をもって取引されています。
また、昭和30年代以降は記念切手が各地で頻繁に発行されるようになったため、これ以降の記念切手はあまり価値が高くありません。逆に、昭和30年以前の記念切手というのは発行回数も少ないので希少価値が高く、高額買取されるようです。額面より高い価格で取引してもらえる可能性が高くなります。

また、古切手(使用済み切手)を好むコレクターの方もいらっしゃいます。最近の使用済み切手では話になりませんが、古い記念切手の使用済み切手などであれば、封筒ごと買取してもらうことで価値が上がったり、消印が見えていることで価値が上がったりすることがあるようです。いつどのような手紙に使われたのかとか、どこからどこに送られたのかといった、額面とは違う部分が評価されたりするようですね。使用済み切手でも、古い記念切手や外国切手などがお手元にある場合は、切手買取業者に相談してみると良いでしょう。
特に古い切手というのは、印刷技術も今と比べると未熟で、変色したりかすれたりしてる可能性が高いです。でも、古切手の場合はその古さや、経年劣化具合にコレクション価値が出る場合があり、多少の色あせなどはマイナス査定になることなく高額買取してもらえる場合があるようです。

記念切手は、普通の切手とは異なり何かの行事の際などに、枚数限定で発売される切手です。そのため、出回る枚数も少ないです。私は特に切手が好きだったわけではないのですが、限定というものに昔から弱く、記念切手だけは集めるようになっていて、家にも限定の切手がいくつか保管してあります。

切手を高価買取します!としている業者は、このような記念切手を高く買取しています。希少性の高いものであればあるほど、高く買取してもらえるでしょう。切手に興味がない人にとっては、どれも同じ切手に見えてしまうかもしれませんが、実はとても高く売れる切手もあるのです。普通切手と少し違うかも、と思うようなものは、十分高く買取してもらえる価値のある切手だと思っておいてください。もしもそれが高く売れないものだとしても、査定に出すだけは無料ですからね。

古切手だとさすがに高く売れないと思う人も多いですが、実は古くても高く売れる切手もたくさんあります。日本で記念切手がはじめて発売されたのは、明治天皇の銀婚式です。ちょうど昭和40年代から50年代ぐらいに切手ブームはきましたが、それより前の年代の切手はより一層価値が高いでしょう。額面の何倍、何百倍なんてこともあります。

同じ記念切手でも色が違うだけで価値が違う場合もありますので、査定してもらうときにしっかり確かめましょう。

 

サブコンテンツ

TOPへ