切手換金は状態を重視

記念切手はその状態で買取価格が変わる

記念切手買取についていろいろインターネットで調べてみたところ、記念切手はその状態によって買取可能か不可能かが変わってきたり、買取価格が大きく変わってきたりすることがわかりました。どのような状態が良いのか悪いのか、ご紹介していきたいと思います。

まず、少しの破損や折れ、変色などは、切手買取専門業者なら換金してくれることがあるようです。「別のところでは買取してもらえなかった折れた切手も、別の買取業者に相談したら査定・買取してくれた」という口コミを見かけたことがあります。また、明治初期などのようなプレミア評価できるほど古い切手というのは、当時の印刷技術は今ほど優れていないため変色していても当然とみなされ、多少の変色はあまり問題にせず値段をつけてくれることもあるようです。

バラ切手などは、「バラでもOK」と明記してある買取業者を選んだり、買取業者指定の方法で台紙に貼れば買取してくれるところなどもあります。できるだけ高く売るために、自分でできる準備はしっかり調べておきたいですね。

また、未使用か使用済みかという問題もあると思います。ここ数十年の記念切手などは基本的に未使用のものが良いでしょうが、古いものであれば、たとえば記念切手発行日の消印が押されているものはプレミア価値がついたりすることもあるようです。外国切手なども、使用済みでも買取してくれる切手買取業者はありますので探してみてください。

記念切手を売る際に、査定員がチェックするのは、切手の状態です。切手は、郵便物に貼って使うにしても、コレクションするにしても、美品であるに越したことはありませんからね。

まず、金券ショップなどであれば、未使用切手しか換金してもらえません。なぜなら、金券ショップは、また売ることができる実用的な切手しか求めていないからです。未使用切手の中でも美品でないものがありますね。たとえば、少々の破損や折れ、変色程度であれば、買取してもらえる場合もありますが、汚れがひどかったり破れ方が激しかったりすると、切手買取業者でも買取してもらえない場合があるようです。

一方で、コレクターからの評価が高い切手(希少価値が高いもの、外国切手など)は、使用済み切手でも換金してくれる切手買取業者があるようです。よって、ひとつの業者で換金できなかったからといってすぐにあきらめてしまわず、買取してくれる業者を選んで相談した方がよいですね。

なお、使用済み切手には消印がつきものですが、コレクターの中には消印の日が切手の発行日から近いことに大きな価値を見出す人もいるようですから、消印がついているからといって、売れないだろうと諦めてしまわない方が良いでしょう。

サブコンテンツ

TOPへ