記念切手の見返り美人を知る

記念切手で人気の見返り美人、買取額は?

記念切手として人気を集めていたものはいくつかありますが、切手コレクターの間で人気があり憧れでもあった、見返り美人。私もやっとの思いで手に入れることができた記念切手でした。1948年11月29日に発行されており、私自身は生まれていなかったのですが、見た目の美しさにも惹かれ、今でも大切にしています。

買取をしてもらおうと思ったことが、実は何度かあります。私は見返り美人をバラでしか持っていなかったのですが、本来見返り美人は5枚セットになっていましたので、シートで買取をしてもらうほうが高く売れる、とのことでした。
5円の切手なのですが、買取額はその何十倍にもなります。もちろん、どれぐらいの値がつくかはその切手次第です。見返り美人だとはいえ、状態が悪く汚れているものなどはどうしても査定額が下がってしまいます。プレミア切手でも状態もきちんと確認して査定額が決定されるのです。
見返り美人はサイズが大きいので、インパクトもあります。古い時代の記念切手は、日本らしい味わいのある雰囲気があります。見返り美人を売りたい人は、高く買取してくれる業者を探しましょう。シート売りで状態がよければ、数万円という値がつくこともあるでしょう。

サブコンテンツ

TOPへ