切手を売りたいならまずは買取業者選び

記念切手売り先選びで気を付けたいこと

記念切手を売るには、まずはどのような業種・業態に売るのかを決めないといけません。どのような売り方があるのかを調べました。私が記念切手を少しでも高い値段で売りたいと思って、全国各地の口コミを集めているうちに気付いたことがあります。それは、売り先には大きく分けて4種類の業種があるということです。4種類とは、質屋・金券ショップ・ネットオークション・切手買取専門業者のことです。

まず質屋について気づいたことをまとめておきます。質屋は近所にあるという方や、昔からある店なので安心という方が多いかもしれません。ですが、質屋のデメリットとしては、査定金額の基準が曖昧なことがあるようです。特に昔ながらの質屋は自分のところの基準だけで査定・買取しますから、世の中の切手買取相場とかけ離れている可能性もあり、店によって金額が異なることも多々あります。一度暖簾をくぐったら売らずには出てきにくいという意見もちらほら見かけました。質屋は雰囲気的に入りにくい・入ってしまったらキャンセルしにくいという点もありそうです。口コミを見ていて気付いたのですが、質屋には得手/不得手があるようです。切手を得意とする質屋にあたれば高額買取してくれるかもしれませんが、切手の鑑定はあまり得意でない質屋に持って行ってしまうと値段をつけてもらえない可能性もありそうです。

金券ショップについてもまとめてみましょう。街を歩いていて一番目につくのが、金券ショップですね。金券ショップで切手買取をするところが増えてきました。よって、出かけたついでに待たずに売れるというのは便利ではあります。ですが、大抵の金券ショップにとって最も価値が高いのは、シート状の現行普通切手であり、記念切手の価値については判定してくれない事がほとんどです。昔の切手コレクションを売りたい方などは、金券ショップは選ばない方が良さそうです。金券ショップでの切手の買取というのは、基本的に、額面の何パーセントという画一的な買取価格になっています。現行の普通切手がシート状なら最も高くて約90%前後、記念切手やバラ切手は額面の半額程度での買取になるところが多いようです。駅前などで手軽にいつでも売ることができるメリットはありますが、記念切手ならではの価値を見出してもらえないというデメリットがありますね。

切手はオークションで売りたいという人がいるかもしれません。ネットオークションも、高く売れることもあるのかもしれません。ネットオークションなら、自分が売りたい値段で売ることができるというメリットがある反面、いつ買い手が現れるかわからないというデメリットがありますね。いつ売れるかわからないというのは不安ですね。

これらを考慮すると、記念切手は切手買取専門業者に売るのが良さそうです。
おすすめなのが、切手買取専門業者なのです。専門ですから、安心して売ることができるでしょう。

切手を売るとなったら、大事なのはどんな方法で買取してもらうかです。買取方法によって、メリットもデメリットもあります。代表的な買取方法は、先述したように質屋・金券ショップ・オークション・専門買取業者になると思います。その中で、私がお勧めするのは、ズバリ専門買取業者です。それはどうしてかというと、専門買取業者なら、高く買取してもらえるからです。オークションも自分の希望価格で売れるというメリットはありますが、落札者とのやり取りや自分で発送する手間などを考えると、決して楽な方法ではないと思います。その点、専門買取業者なら売るだけでいいので楽です。

金券ショップや質屋という方法もありますが、この2つはあまり高く買取してもらえる望みが少ないでしょう。特に金券ショップは、相場の半額、なんていう価格を提示するところもあります。記念切手も同様に買い取られてしまうことが多いため、高値で売れる切手を持っている人の場合、非常に損してしまう方法です。

専門買取業者では、切手について知識を持った鑑定士がきちんと査定してくれますから、損することもありません。いい専門買取業者ならメリットばかりですから、私は売りたいと思ったときには専門買取業者の利用をお勧めしています。

サブコンテンツ

TOPへ