記念切手の高額買取のテクニック

切手買取、査定前にする準備

記念切手をどうせ売るなら1円でも高く売りたいですよね。記念切手を高く売るためのコツについて調べました。

まず何よりも、美品であることが大切です。もしまだ切手を集めている方や買い置きをたくさんしているという方がいらっしゃれば、いつか売るかもしれないことを考えてきちんと保管する方が良いですよ。

それから、バラ切手よりシート状の方が良いです。使う時に使い易いように、シートで買ったら先にバラしておく方、いらっしゃいませんか?切手はシートのまま保管しましょう。売りたい切手がバラの方、依頼しようと思っている切手買取業者が「台紙に貼るとシート扱い」などとホームページに記載しているなら、手間を惜しまず台紙に貼りましょう。それだけでも買取価格が上がります。ただし、プレミア切手などはこの限りではありません。バラでもしっかり査定してくれ、高額買取が可能な場合もあります。

また、缶などにどさっと切手が入っているという方。プレミア切手でないならば、何円が何枚なのか、仕分けしてから査定してもらいましょう。査定員の方が仕分けする手間が減る分、買取価格が上がる可能性がありますよ。

ちなみに、これまでコレクションをしてきて、切手ファイルなどに入れているという方は、大抵の場合、そのまま査定してもらって大丈夫なようですよ。

切手は工夫次第で高く買取してもらえるものです。私も売るとき、事前に高く売れる方法を調べて実践しておいたことで、予想よりも高い金額をつけてもらえた切手がたくさんありました。売る前にちょっとした手間をかけるだけでできる方法もあるので、ぜひ実践して高額で売れるように頑張ってください。

まず、売る枚数ですが、バラ売りよりもまとめ売りで買取してもらいましょう。切手シートなどであれば、高く売れると思います。ただし、プレミア切手の場合はこの限りではありません。バラで売る場合でも高く売れる可能性は高いでしょう。

それ以外には、台紙貼りという方法もお勧めです。台紙貼りは、切手がバラになっているのを台紙にまとめて貼るだけという、とても単純なものです。こういう切手は企業が郵送物を送りたいときに使用するのだそうです。

その他、状態のいいものはやはり高く売れます。切手を見れば、保存状態がいいかどうかはすぐにわかります。メンテナンスが行き届いているものは買取業者も頑張って高く買い取ってくれるでしょう。

高く買取してもらえる方法を実践するだけで、予想以上の値がつくこともあります。些細なことですが、鑑定士が査定しやすいように仕分けをしておく、というのも意外と高額買取してもらえるポイントですよ。

サブコンテンツ

TOPへ